ストレスと美肌の関係
2017.05.08
皆さんこんにちは

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です!!

ゴールデンウイークも終わり、少々休み明けどんより・・・という方もいらっしゃるのでは???

こんな気分を総称して5月病なんて言いますが、特に新入社員の皆さんは入社して初めての長期休暇。
今まで気が張っていた糸がぷつりと切れてしまったり、頑張り過ぎて燃え尽きてしまったり・・・

爽やかな季節とは裏腹に、ストレスを感じやすい時期でもあるのです。


見えないストレスは、じわじわと体を浸食しており、肌荒れや倦怠感などの不調をもたらします。


そこで今月は、朝起きてお肌が生き生きしていたら、気分も晴れやかになるであろうと期待を込めて
潤い美肌を作る食べ物についてお話しします。



まずはストレスと肌の不調について、その因果関係を説明させて頂きます。
ストレスを感じると、抗ストレスホルモン(コルチゾール)が分泌され、体内の筋肉を分解して糖にしようと働きます。

脳は糖を与えると元気になる事を自らの体が分かっているのですね。


ストレスを感じて甘い物が欲しくなるのも同じ原理かもしれません。



しかし、、


筋肉の分解が進むと、体力が落ちたり疲れやすくなります。
また、体内のビタミンCを大量消費するため、本来コラーゲンを生成する際に使われる分が
消耗されてしまう訳です。


もちろんこれだけの理由ではありませんが、ストレスは美容の大敵だという事が分かりますね!!




ストレスが多いと思ったら、普段よりしっかりたんぱく質やビタミンCを摂る必要がある事をお忘れなく。
そして美容乾物も潤い美肌がテーマです。



さて、、
今月のテーマである美容乾物は、白キクラゲ、高野豆腐粉、大根菜です。


白キクラゲは食物繊維が豊富で、白キクラゲ多糖体という糖タンパク質が含まれます。
ヒアルロン酸の数十倍とも言われる保湿力があり、中国の楊貴妃が美容の為に食べていたと言われています。

白キクラゲは戻して茹でるとプリプリットした食感ですが、じっくり煮ていると
とろんとしたジュレに変わります。
正にこのとろみが保湿成分なのです。食べる美容液といったところでしょうか。
ジュレのとろみを楽しむにはスープやデザートがお勧めです。



高野豆腐粉は名前の通り、乾燥した豆腐の粉で、大豆由来の栄養がたっぷり!!

女性ホルモンの働きをするイソフラボン、植物性タンパク質をがたっぷり。
イソフラボンは潤いのあるお肌作りに重要な関わりを持っています。

豆腐より食べゴタエがあり、色々なお料理に加えて摂る事が可能です。
お好み焼きに加えると、いつもよりふわふわに。卵焼きに加えれば、よりヘルシーでふわふわ度もアップ!!
使い方を覚えると、どんどんお料理が楽しくヘルシーに変わる便利食材です。


大根菜は大根の葉っぱの部分ですが、普段大根を買っても葉っぱはほぼついておらず
中々食べる機会が少ない部分ですね。

大根の葉を身近な美肌食材「ほうれん草」と比較してみると、
ビタミンCが約5.5倍、鉄分は約1.5倍、カルシウムは約5.3倍も含まれています。
毛細血管の血行を促進させシミやクマの改善に効果のあるビタミンKもほうれん草以上。
強い抗酸化力があり、新陳代謝を高め皮膚や粘膜の乾燥を防ぐ働きのあるビタミンA(βカロテンとして含まれ体内で必要に応じて変換されます)の量もほうれん草と同等です。


この3つの食材、どれもアプローチは違いますが美肌を作る為に役立つものばかり!!


今月のレシピをどうぞお楽しみに!!!



2017.05.08 13:47 | 固定リンク | 未分類
春はデトックスの季節
2017.04.14
皆さんこんにちは

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。


4月に入り、ぽかぽか陽気の日が増えて来ましたね!!

春と言えば、芽野菜。ふきのとう、こごみ、木の芽、たらの芽・・・

中でも旬の筍は人気ですね〜




この時期ならではの芽野菜は、独特のえぐみやアク、苦みが多く、くせがあるのも特長ですが

これらの成分は、冬場に溜め込んだ毒素を排出するのに役立つと言われています。



そうです!!
冬場に溜め込んだ余分な脂肪も、スッキリ落とさねばなりませんね〜〜

そこで、今月はダイエットにお勧めの美容乾物を使ったレシピをご紹介して参ります。




国産えのきだけ、ローストココナッツ、茎わかめが登場しますよ!!


これらは食物繊維が豊富で、食感が良いのが特長。



そうそう、、

私も現在ダイエット中です。


年末からの宴会続きを理由に、戻らなくなった体重と必死で向き合っております。


食べる順番を変えるだけでもダイエット効果があるようです。

まずは食物繊維の多い物から、そしてたんぱく質食品、最後に糖質です。


これだけで、血糖値の上昇を緩やかにし、太りにくくなるのだから是非お試し下さい。



薄着の季節を軽快に過ごすために、美容乾物も上手に取り入れて下さい☆




2017.04.14 18:32 | 固定リンク | 未分類
揺らぎ肌を食でサポート
2017.03.10
皆さんこんにちは

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。


3月は出会いと別れの季節ですね!!

何となく落ち着かない気分になりがちな時期でもあります。




この季節のお肌の状態はとてもセンシティブで、色々なお悩みも多くなるようです。
そんなお肌の事を、「揺らぎ肌」と表現しているのを見つけ、今回使わせて頂きました!!



環境の変化によるストレス、三寒四温と気温の変化、そして花粉など・・・


普段は特に問題ない方も、コンディションが崩れやすいこの時期に
積極的に摂りたい栄養のお話をさせて頂こうと思います。



まず、どうしてお肌が揺らぎやすいのか・・・


◯季節の変わり目で花粉などの外部刺激が多くなる
◯環境が変わりストレスが多くなる
◯紫外線が強くなって来る


これらの要因に対し、どんな栄養素が有効かをお伝えします!




まずは粘膜を強化したりお肌の再生を助けるビタミンA、

皮脂や肌の代謝(たんぱく質の代謝)を促すビタミンB2、B6、

かゆみや肌荒れなどの原因となる炎症を抑えるオメガ3脂肪酸、

抗酸化作用の高いビタミンやフィトケミカル

そして、細胞の材料となる良質なたんぱく質をしっかり取り入れる事を心がけましょう。



食べ物で考えると、緑黄色野菜、良質なオイル(エゴマ油、アマニ油、米油、オリーブ油などはお勧めです)、

大豆製品はじめ肉や魚介などたんぱく質、ナッツ類を毎日摂るようにしましょう。



ちなみに、私は毎朝トマトジュースにエゴマ油を入れて飲む事を習慣にしています。

リコピンとオメガ3脂肪酸は美肌に役立つ組み合わせですよ〜











今月の美容乾物は、「女性の元気」がテーマの乾燥にんじん、乾燥ほうれん草、旨味いわし粉です。

緑黄色野菜代表のにんじんやほうれん草も、乾燥すると手軽に使いたいだけ取り出せてとても便利!!




そして味わいも滋味深く〜〜、お料理に使うと甘さが際立っておいしいですよ。



旨味いわし粉は丸ごと骨まで粉にしているので、栄養満点&ヘルシー。



どちらもこの季節にお勧めの栄養素がたっぷり含まれます。


ぜひインナービューティにお役立て下さいね!!







2017.03.10 14:40 | 固定リンク | 未分類
腸活で美肌作り
2017.02.10
皆さんこんにちは

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。

この時期、乾燥や花粉による肌荒れを起される方が多いようですが、
そんな時はどのような対処をされていますか?

外からの保湿はもちろん大切ですが、内側からのアプローチもぜひ試みて頂きたい
と思い、今月は腸活をテーマにお話させて頂きます(#^.^#)


腸は第2の脳と言われ、考える器官としての働きもあるのです。
腸は入って来た食べ物が身体に良い物か悪い物なのかを記憶する事ができるそう。

また、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの多くは腸で作られるという研究報告も!

多くの神経や血管が集中している器官なので、緊張やストレスの影響をもろに受けてしまうのです。

そんなセンシティブな腸の事をもっと思いやる事で、お肌も体調も改善されるわけです♪( ´▽`)


こちらの料理、腸のお掃除や蠕動運動の為にはぴったりな食物繊維たっぷりのメニューばかり!



材料はごぼう、こんにゃく、きのこ、海藻などなど。。

常備菜としてストックしたり、意識して摂りたい食材です。

そして、もう一つ大切なのは、良質なオイルを取り入れる事。

オリーブオイルやキャノーラ油、米油、ごま油など
オレイン酸を含む油は腸の蠕動運動を促す役割があります。



しかも、良質な油は女性ホルモンや細胞膜の材料になり、油と一緒に含まれるビタミンEやポリフェノールは美肌に欠かせない栄養素です。
エゴマ油や亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸は、美肌効果も認められているのです。

お肌トラブルの多くなるこれからに向けて、食材を賢く選んで腸をキレイに&そしてお肌もピカピカを目指しましょう!


今月の美容乾物はお腹スッキリがテーマ!

切り干し大根、キクラゲ、国産干ごぼうです。食物繊維たっぷりです!!

おいしい&簡単レシピも続々とアップして参りますよ〜〜

どうぞお楽しみに(^O^)/

2017.02.10 11:39 | 固定リンク | 未分類
乾物で正月太りを解消
2017.01.12
明けましておめでとうございます!


美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。

今年も美容乾物ブログをよろしくお願いします^^




この時期あちこちから聞こえて来る正月太り・・・

私もご多分に漏れず、忘年会、新年会などの会食続きで、2〜3キロ増量しました〜(涙)

ようやくここ最近落ち着いて来たので、ダイエットを意識し始めたこの頃です。

そこで今回は、美容乾物を活用した健康的で賢いダイエット法についてお話したいと思います。





ダイエットというと低カロリー食品にばかり陥りがちですが・・・



カロリーを気にするよりも、血糖値に注目するのが最新のダイエットなのです。




まずは皆さん、セカンドミール効果って聞いた事ありますか?

セカンドミール効果とは、GI(食後血糖値の指数)の提唱者であるジェンキンス博士が発表した概念です。
ジェンキンス博士は、最初にとる食事(ファーストミール)が、次にとった食事(セカンドミール)の後の血糖値にも
影響をおよぼすことを、「セカンドミール効果」と定義し、提唱しています。


朝食で食物繊維の豊富な低GI食品を摂る事で、ランチの後まで血糖値を上げにくくする効果があるそうです。

血糖値が上昇すると、インシュリンが分泌され、糖を中性脂肪に変えて蓄積されてしまうので
血糖値の管理はダイエットにとって、とても重要なんです。


そこでセカンドミール効果を狙う食材として、美容乾物をお勧めします。

今月のテーマはダイエットにお勧めの美容乾物レシピです。。。

茎わかめ、えのき、ココナッツを使った簡単レシピをご紹介して参ります〜


茎わかめはアルギン酸という水溶性食物繊維が豊富で、βカロテン、ビタミンB1、カリウム、マグネシウムなど低カロリーでビタミン、ミネラルが多種含まれます。
βカロテンの吸収の為にも油と合わせるとよいでしょう。

えのきは、キノコキトサンを他のきのこより比較的多く含みます。
キノコキトサンは脂分など余分なものを包みこんで排出してくれる効果と、吸収を抑えてくれる効果が期待されています。
正にダイエットにピッタリ!!

ココナッツはカロリーは高めですが、含まれる脂質は正にダイエット向き!
中鎖脂肪酸と言う、すぐにエネルギーに変わる脂肪酸を豊富に含みます。

ダイエット中味気ない食事をする事無く、リッチな味わいに満足させながら、上手に取り組む事が継続に繋がります。

その点ココナッツなら食物繊維も豊富で体脂肪になりにくく、そのままおやつに、トッピングなどに手軽に活用できます。

食物繊維がたっぷり含む美容乾物を毎食に取り入れる事で、セカンドミールだけでなく、サードミールまで
つまり全ての血糖値コントロールに役立ちます!

上手に取り入れ、無理なく健康的なダイエットにご活用下さい〜



2017.01.12 17:17 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -