高野豆腐粉入り具だくさんオムレツ
2016.07.25
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
美肌がテーマの美容乾物、今月の3品目は、
「国産 高野豆腐粉」です。

高野豆腐を粉状にしたもので、
良質なたんぱく質やカルシウム、
女性ホルモンと似た働きをするといわれる大豆イソフラボンや、
ビタミンB2やB6を含む、
女性の美肌作りにはうれしい食材なのです。

長野県のある地域では昔ながら使われている食材のようで、
戻して炒め煮にしたり、肉団子などのつなぎにしたり、唐揚げの衣にしたり、
お肉や小麦粉、卵の代わりとして、いろいろなお料理に使いやすい便利な食材です。

水や、だし、牛乳などを加えて、レンジでチンするだけでも
ふわふわおいしく、そのまま和え物や、サラダに混ぜたりもおすすめですが、
今回は、オムレツに混ぜてみました。
カラフルな夏野菜をたっぷり入れて、ふんわり風味豊かな具だくさんオムレツをどうぞ。

【高野豆腐粉入り具だくさんオムレツ】
卵       3個
国産高野豆腐粉 大さじ2(10g)
牛乳      大さじ2
醤油      小さじ1
パプリカ    1/2個
玉ねぎ     1/4個
マッシュルーム 6個ほど
いんげんなど  4~5本ほど 
塩、こしょう  適宜  
パセリ     適量
オリーブオイル 適宜

①高野豆腐粉に牛乳を入れまぜ、電子レンジ(500w)で30秒ほど加熱し、粗熱がとれたら、卵とよく混ぜて、醤油を加えて混ぜておく。
②野菜を小さめ(1㎝角ほど)にカットし、油をしいたフライパンで炒め、やや強めに塩胡椒をする。
③いったん野菜を取り出し(フライパンの端によせてもいい)、油をしき、卵を流し、箸で卵を溶くようにまぜながら加熱、端がすこし固まり半熟になってきたら具を加え、卵を寄せながら折りたたみ、形をととのえる。
2016.07.25 20:10 | 固定リンク | 料理レシピ
目指せ、潤い美肌! 大根菜の簡単雑炊
2016.07.19
こんにちは!乾物アドバイザーの海野綾子です。

今月は「潤い美肌」という視点から乾物をクローズアップしていきましょう。

使う食材は「熊本県産 大根菜」
そう、大根の葉の部分です。

流通のため、たいていは切り落とされてしまっているので、なかなかお目にかからない食材ではありますが、実は大根の根の部分よりも栄養豊富な食材なのです!

注目すべき点はβカロテンの量。


抗酸化作用を持つβカロテンは粘膜や皮膚の健康維持に役立つといわれ、美肌効果も期待されますね!

油と合わせて食べることで吸収率もアップしますので、良質な油とともに「潤い美肌」を目指しましょう!




【目指せ、潤い美肌! 大根菜の簡単雑炊】

材料2人分

*にんにくすりおろし 小1/2
*鶏ガラスープの素 大1/2
*紹興酒または料理酒 大2
*水 3カップ

玄米や雑穀などのご飯 お茶碗1杯
熊本県産 大根菜 1袋(20g)
卵 1個
胡麻油(またはお好みの良質なオイル) 小2
塩昆布(細切り)ひとつまみ


①鍋に*印を全て入れて火にかける
②ご飯と大根菜を加え混ぜる。
③一煮立ちしたら、溶きほぐした卵をまわしかけ、火を止める。
④器に盛り、胡麻油をたらし、塩昆布を添える。


暑い時期には③のあと急冷して食べても美味しいですよ!
2016.07.19 00:33 | 固定リンク | 料理レシピ
白きくらげと桃とアボカド美肌サラダ
2016.07.11
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
毎日暑いですね。

さて今月は、美肌に効果的な乾物、ということで、
これまた見逃せませんね!
今回取り上げるのは、「白きくらげ」です。
ミネラルやビタミンDが多く、肌を潤す効果があり、
食物繊維も多いので、女性にはうれしい食材です☆

シロップや果物と合わせて、デザートとしていただくのが定番で、
とろりとした食感は、くせになりそうなおいしさです。
また、こりこりとした食感をいかしたサラダや和え物もこれまたおすすめです。

今はちょうど桃の季節、そして味がのっている時期のアボカドと合わせて、
うるおい食材満載のサラダをご紹介します。
ぜひお試しください♪


【白きくらげと桃とアボカド美肌サラダ】
〇材料
白きくらげ 8g
桃     1個
アボカド  1/2個
レモン汁  小さじ2
オリーブオイル 小さじ2
塩     小さじ1/2ほど
胡椒    少々
バジル、ミントなど 適宜

〇作り方
①白きくらげは10分ほど水で戻し、熱湯で1分ほど湯がいてザルに上げて冷ます。
②桃はそぎ切りにし皮をむいてひと口大に切る。
③アボカドは半分に切り、スプーンでひと口大にすくいとっていく。
④桃とアボカドにレモン汁をまぶし、白きくらげと合わせ、オリーブオイル、塩、胡椒で和える。
⑤バジルやミントを適当に切り、加え混ぜる。

★ヨーグルトを和えてもおいしいです。
2016.07.11 08:38 | 固定リンク | 料理レシピ
干しえのきと夏野菜の春雨スープ
2016.06.27
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
ダイエットがテーマの今月の乾物、
今回ご紹介するのは「国産えのきだけ」です。

えのきは身近な食材で、普段からお使いの方も多いかと思いますが、、
干すことで、細胞に亀裂が入り、栄養成分が溶け出しやすくなるというのです。
代謝を促すビタミンB1や、内臓脂肪を減らすエノキタケリノール酸が、
干しえのきだとより体に摂りいれやすいのですね。

また、甘いえのきが、干すことでさらに甘み旨みが凝縮して、
戻し汁もいい味を出し、食感もシャキシャキ、とてもおいしくなっています☆

この特徴をいかして、干しえのきたっぷり使って、
いろいろな夏野菜と春雨スープにしました。

食べてダイエットを目指しましょう~

【干しえのきと夏野菜の春雨スープ】
〇材料(2人前)
国産えのきだけ  10g
緑豆春雨(乾燥) 15g  
きゅうり     1/2本
プチトマト    4個
とうもろこし   1/4本
生姜(千切り)  少々

鶏がらスープの素 小さじ2
胡麻油      適宜
醤油       適宜
胡椒       少々
白胡麻      適宜
酢・ラー油    お好みで

〇作り方
①鶏がらスープの素と水2カップを沸かし、生姜、えのきだけを入れ、戻した春雨を入れ、続けてとうもろこし、プチトマトを加える。
②胡麻油を加え、醤油、胡椒で味をととのえる。
③盛り付ける前に、千切り胡瓜、胡麻を加える。

*夏野菜なんでもお好みでどうぞ。
 ズッキーニ、かぼちゃなんかも、生で千切りして、さっと加えても。
*とうもろこしは、生のまま粒をとってもいいですが、
 薄皮1枚つけてラップしてレンジで3分かけ、粒をそぐのがおすすめです。
2016.06.27 08:12 | 固定リンク | 料理レシピ
すっきりダイエット 茎わかめと肉厚きくらげのサラダ
2016.06.20
こんにちは!乾物アドバイザーの海野綾子です。
今月は「ダイエット」という視点から乾物をクローズアップしていきましょう。

使う食材は「国産 茎わかめ」

わかめの芯や葉の太い部分を湯がいた後に乾燥させたもので、ビタミンやミネラルをバランス良く含むのだとか。
特にぬめり成分でもあるアルギン酸と食物繊維は余分なものをすっきりお掃除してくれるので、ダイエットの強い味方ですね!

今回は鉄分、カルシウム、マグネシウム、食物繊維を豊富に含んだ「愛媛県産 肉厚きくらげ」とともに
食材の相乗効果でダイエッットを目指します!

胡麻油の香りが茎わかめと相性抜群!!

ダイエットが必要ない方も栄養バランスの良い一品になっておりまして、何しろ「戻すだけ」なので
是非ご活用ください。




すっきりダイエット 茎わかめと肉厚きくらげのサラダ(3~4人分)

茎わかめ 1袋(12g)
肉厚きくらげ 1袋(10g)
糸かんてん 5g

ドレッシング
白だし 大1
米酢 大1
醤油 小1
胡麻油 大1

①茎わかめ、肉厚きくらげ、糸かんてんはたっぷりのぬるま湯で戻しておく。
②戻ったら水気を切り、きくらげは石づきを取り除き、5㎜幅くらいにカットする。
③ドレッシングを作る。白だし、米酢、醤油を入れた容器に胡麻油を少しずつ入れながら混ぜ合わせる。
④食べる直前にドレッシングをまわしかける。
2016.06.20 02:32 | 固定リンク | 料理レシピ

- CafeNote -