おなかスッキリ!干し牛蒡のポタージュ
2016.04.18
皆様、はじめまして! パン研究家の海野綾子です。

今月より「乾物アドバイザー」を担当することになりました。
パンの人が乾物??と自身にも突っ込みを入れたくなりますが、関口先生とお仕事をご一緒させていただくに連れ、乾物に魅了された一人です。

干すことで旨味や栄養価も高まる乾物。
「時間がないけど、食事はおろそかにしたくない」
そんな方々のためにすぐに活用できるレシピをご紹介していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

さて、今月は「おなかスッキリ!」がテーマ。
「干し牛蒡」を使ったレシピをご紹介したいと思います。

まだ朝晩の寒さが残るこの頃。ホッとするような優しい味のポタージュにしてみました。
食物繊維が豊富に含まれる牛蒡をたっぷりと摂ることができるポタージュ、是非お試しください!



おなかスッキリ!干し牛蒡のポタージュ(材料3~4人分)

干し牛蒡 25g
水 ひたひた量
玉ねぎ(スライス) 1/2個
オリーブオイル 小1
塩 少々
コンソメの素 小1
豆乳 150ml(お好みで加減)
塩、胡椒 適宜
パセリ 適宜

①カップに干し牛蒡を入れ、かぶるくらいの水を加え、戻す(戻りきらなくてもOK!)
②鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎに塩少々を振りかけ炒める
③しんなりしてきたら①を戻し汁ごと加え、コンソメの素を入れ、ひたひたになるように水を足し入れる
④中火で軽く煮詰めたら、フードプロセッサーやバーミックスなどで粉砕する
⑤豆乳を加え、一煮立ちしたら塩、胡椒で味を整え完成!
⑥器に入れて、好みでパセリを浮かべる

***********************

豆乳の代わりに牛乳、生クリームなどを使えばもっとコクも出ますが、女性の美と健康を意識して、ここはイソフラボンたっぷりの豆乳にしてみました。

④まで終えた状態で冷蔵庫でストックしておき、飲みたい時にカップに1/2~2/3杯注ぎ、冷たい豆乳を加えのばしても。気温の高くなる昼間には、即席冷製スープもお薦めですよ♪
2016.04.18 08:30 | 固定リンク | 料理レシピ
切干大根のパリパリサラダ
2016.04.11


こんにちは、はじめまして。西川千栄です。
乾物アドバイザーとして、今日からこちらでレシピを紹介させていただきます♪

雪国育ちで小さい頃から乾物は保存食としても身近にあり、
便利で旨みがぎゅっとつまった乾物は大好き!!なので、
見ていただいたみなさまにも、作ってみたい、もっと食べたい~、、
と思っていただけるレシピを紹介したいと思っています☆

1回目は、とても身近な乾物、
「切干大根」です。

みずみずしい大根を切って干すと、
びっくりするくらい小さくなるのですが、
その分、旨みが凝縮して食感もよくなります。

今日はお手軽で、思い立ったらすぐできるサラダをご紹介します。
しゃきしゃきおいしくて、よく作るメニューです。
これからの季節、活躍してくれるとうれしいです。

【材料(2人分)】
有機切干大根   20g
きゅうり(千切り)  1/2本
人参(千切り)    20g
えのきだけ     1/2パック
長葱(斜め薄切り) 5㎝
生姜(千切り)   薄切り5枚ほど(お好みで)

胡麻油 大さじ1
塩、胡椒、醤油 適宜

煎り白胡麻 適宜

【作り方】
①切干大根はさっと洗って20分ほど水につけてもどす。
②えのき、長葱はさっと湯通しして、ザルに上げたら千切り生姜を混ぜて冷ましておく。
③きゅうりと人参は千切りにして塩をして少し置き、水気を切った①、②と合わせる。
④胡麻油をもみ混ぜ、塩、胡椒、醤油で味をととのえ、盛り付けて胡麻をふる。

すきなお野菜をなんでも混ぜてみてください。
レタスや、ラディッシュの千切り、
ハムや鶏ささみなんかを加えてもおいしいですよ。

- CafeNote -