白きくらげと梅酒の潤いゼリー
2017.05.23
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
ここ何日かは、真夏のような暑さで、
いつもより身体への負担を感じます。。

これから陽ざしも強くなっていく時期ですので、
お肌へのダメージ対策を強化したいですね。

今月のテーマは潤い美肌です。
薬膳のデザートにもよく使われ、
楊貴妃が美容のために食べていたといわれる
「白きくらげ」を使ったレシピをご紹介。

これから梅の季節でもありますので、
梅酒のゼリーと合わせてみました。
よく冷やして、暑い季節にぜひどうぞ。


【白きくらげと梅酒の潤いゼリー】
〇材料 3~4人分
白きくらげ 8g(1袋)
梅酒    1カップ
砂糖    大さじ2~5(梅酒の甘さにより調整)
粉ゼラチン 5g(水でふやかすタイプは使用方法に従って戻す)
シロップ
 砂糖 大さじ2
 水  大さじ3
 レモン汁 大さじ1
〇作り方
①白きくらげはさっと洗って水で戻し、柔らかくなるまで30分ほど煮る
②梅酒と砂糖を加えさらに15分ほど煮る
③ざるで濾し、煮汁の量を量り、300gに合わせ、ゼラチンを加える
④容器に流し冷やし固める
⑤シロップの材料を煮立て冷やす
⑥ゼリーが固まったらシロップをかけていただく

*梅酒の甘さで砂糖を調整ください
*ゼラチンは、お使いの使用方法を参照ください
2017.05.23 17:07 | 固定リンク | 料理レシピ

- CafeNote -