干しえのきと夏野菜の春雨スープ
2016.06.27
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
ダイエットがテーマの今月の乾物、
今回ご紹介するのは「国産えのきだけ」です。

えのきは身近な食材で、普段からお使いの方も多いかと思いますが、、
干すことで、細胞に亀裂が入り、栄養成分が溶け出しやすくなるというのです。
代謝を促すビタミンB1や、内臓脂肪を減らすエノキタケリノール酸が、
干しえのきだとより体に摂りいれやすいのですね。

また、甘いえのきが、干すことでさらに甘み旨みが凝縮して、
戻し汁もいい味を出し、食感もシャキシャキ、とてもおいしくなっています☆

この特徴をいかして、干しえのきたっぷり使って、
いろいろな夏野菜と春雨スープにしました。

食べてダイエットを目指しましょう~

【干しえのきと夏野菜の春雨スープ】
〇材料(2人前)
国産えのきだけ  10g
緑豆春雨(乾燥) 15g  
きゅうり     1/2本
プチトマト    4個
とうもろこし   1/4本
生姜(千切り)  少々

鶏がらスープの素 小さじ2
胡麻油      適宜
醤油       適宜
胡椒       少々
白胡麻      適宜
酢・ラー油    お好みで

〇作り方
①鶏がらスープの素と水2カップを沸かし、生姜、えのきだけを入れ、戻した春雨を入れ、続けてとうもろこし、プチトマトを加える。
②胡麻油を加え、醤油、胡椒で味をととのえる。
③盛り付ける前に、千切り胡瓜、胡麻を加える。

*夏野菜なんでもお好みでどうぞ。
 ズッキーニ、かぼちゃなんかも、生で千切りして、さっと加えても。
*とうもろこしは、生のまま粒をとってもいいですが、
 薄皮1枚つけてラップしてレンジで3分かけ、粒をそぐのがおすすめです。
2016.06.27 08:12 | 固定リンク | 料理レシピ
すっきりダイエット 茎わかめと肉厚きくらげのサラダ
2016.06.20
こんにちは!乾物アドバイザーの海野綾子です。
今月は「ダイエット」という視点から乾物をクローズアップしていきましょう。

使う食材は「国産 茎わかめ」

わかめの芯や葉の太い部分を湯がいた後に乾燥させたもので、ビタミンやミネラルをバランス良く含むのだとか。
特にぬめり成分でもあるアルギン酸と食物繊維は余分なものをすっきりお掃除してくれるので、ダイエットの強い味方ですね!

今回は鉄分、カルシウム、マグネシウム、食物繊維を豊富に含んだ「愛媛県産 肉厚きくらげ」とともに
食材の相乗効果でダイエッットを目指します!

胡麻油の香りが茎わかめと相性抜群!!

ダイエットが必要ない方も栄養バランスの良い一品になっておりまして、何しろ「戻すだけ」なので
是非ご活用ください。




すっきりダイエット 茎わかめと肉厚きくらげのサラダ(3~4人分)

茎わかめ 1袋(12g)
肉厚きくらげ 1袋(10g)
糸かんてん 5g

ドレッシング
白だし 大1
米酢 大1
醤油 小1
胡麻油 大1

①茎わかめ、肉厚きくらげ、糸かんてんはたっぷりのぬるま湯で戻しておく。
②戻ったら水気を切り、きくらげは石づきを取り除き、5㎜幅くらいにカットする。
③ドレッシングを作る。白だし、米酢、醤油を入れた容器に胡麻油を少しずつ入れながら混ぜ合わせる。
④食べる直前にドレッシングをまわしかける。
2016.06.20 02:32 | 固定リンク | 料理レシピ
アボカドとローストココナッツサラダ
2016.06.13
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
梅雨に入り、しとっとした空気の日が続いています。
雨に降られたくなくても、梅雨なのでしょうがないですね。

さて、今月のテーマはダイエット☆
多くの方が興味深いテーマですね。

そしてご紹介する美容乾物はローストココナッツです。
ココヤシの果実をボイル、味付けして、高温で乾燥させたもの。
ミネラルと食物繊維を多く含み、
ココナッツの脂肪分は、身体につきにくくすぐにエネルギーになる、というのはうれしいですね。

そのまま食べてもサクサクおいしくて、
おやつとしても、口さみしいときの携帯食としてもおすすめです。

デザートにトッピングしたり、
変わりどころでは、ご飯に炊きこんだりしてもいい味をだすのですが、
今回は、アボカドと合わせたサラダをご紹介します。



ココナッツと同様に良質な脂質と食物繊維を含み、代謝を高めるアボカドと、
野菜もたっぷり盛って、朝はこの一皿でいかがでしょうか。
おいしく食べて、すっきりしたカラダになりたいですね!

【アボカドとローストココナッツサラダ】
〇材料(2人分)
ローストココナッツ 15g
アボカド      1個
玉ねぎ       1/4個
カッテージチーズ  30gほど
マスタード     小さじ1ほど
塩、胡椒      少々
カレー粉      適宜

レタスやベビーリーフなど 適宜

〇作り方
①玉ねぎは半分に切り、薄切りにし、水にさらして塩少々をしておく。
②アボカドは種と皮を除き、1~2㎝角に切る。
③水気を軽く絞った玉ねぎ、アボカド、チーズを合わせ、マスタード、塩こしょうで味つけする。
④リーフ類を盛り、サラダを盛り、カレー粉をふる。
2016.06.13 10:44 | 固定リンク | 料理レシピ
夏を迎える前のダイエット作戦!
2016.06.06
皆さんこんにちは!!

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。

関東は梅雨入。どんよりお天気の季節となりました。。。



こんな時こそ自分磨き月間として、美容にいそしんではいかがですか?


行楽の予定が少ないので、自分の時間ができる・・・
適度な湿度が肌のコンディションを整える・・・


などなど、、
前向きにとらえれば、この時期を有効活用できるのではないでしょうか!^^/

今のうちに服で隠していた余分な脂肪を燃焼させ、スッキリボディで夏を迎えましょう。

そこで、今月はダイエットがテーマの美容乾物をご紹介致します。



国産茎わかめ、ローストココナッツ、国産えのきたけです。



茎わかめは、独特のぬめり成分『アルギン酸』と『食物繊維』が多く含まれ
余分な物をスッキリおそうじしてくれる食品。

いくら食べても心配ない!!
ダイエット中に不足しがちな、ビタミン、ミネラルがしっかり摂れる!
ダイエット中に陥りがちな便秘にも心強い味方!!!

海藻サラダや炒め物、煮物などにさっと水で戻してお使いください。


ローストココナッツはほんのり甘く、カロリーはナッツ類同様しっかりありますが
ココナッツに含まれる脂質は、中鎖脂肪酸と言って、すぐにエネルギーになり体に脂肪がつきにくいのが特長。

サラダやヨーグルトなどにふって頂くと、ダイエット中でもリッチな味わいが楽しめますよ!!

ダイエット中、濃厚な味の物も食べたくなりますが、そんな時にはココナッツローストをぽりぽり。。。
そのままおやつにもなります!


えのきは低カロリー食品として知られますが、乾燥させると細胞に亀裂が入り、栄養成分が溶け出しやすくなるんです。
ダイエット中特に摂りたい、「代謝のビタミンB1」が豊富に含まれる燃焼系食材なのです。
また、エノキタケリノール酸という内蔵脂肪を減少させる成分も含まれています!!

栄養の流失を考え、お汁ごと頂く汁物などに加えるのがオススメ。
又は、そのまま熱湯を加えたえのき茶は是非お試し頂きたい使い方です。

えのき茶は内蔵脂肪を減らすのに効果的だそうです。

保温ポットに乾燥えのき5グラムと300mlのお湯を入れて30分程放置すれば完成。
詳しくはコチラもご参照下さい↓

http://ure.pia.co.jp/articles/-/12350


ダイエットはカロリーコントロールも大切ですが、燃焼しやすい食べ物を効率よく摂り
ストレスを抱えない事も大きなポイントです。

是非美容乾物で、おいしくキレイにダイエットしてみませんか!!



2016.06.06 15:01 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -