にんじんとりんごのサラダ
2016.09.26
こんにちは。乾物アドバイザーの西川千栄です。

雨の長雨といいますが・・
そろそろからりとした晴れ間が見たいですね。

女性元気がテーマの3品目の美容乾物は、
「国産乾燥にんじん」です。
βカロテンが豊富な緑黄色野菜である人参を、
干すことで旨みが凝縮され、独特の食感が現れています。

これから出盛りの林檎とあわせて
しゃきしゃき、甘酸っぱいサラダにしました。

曇天に加えて、日中と朝晩の温度差も出たりと
体調を崩しやすい頃、
食べて元気に乗り切りましょう♪

【にんじんとりんごのサラダ】
〇材料(二人分ほど)
国産乾燥にんじん 35g
りんご      1/3~1/2個
ブロッコリースプラウト 1P
オリーブオイル  大さじ1
りんご酢     小さじ1
粒マスタード   小さじ1
塩        小さじ1/4ほど
〇作り方
①乾燥にんじんは水で戻して、軽く絞り水気を切る。
②林檎は人参と同じように千切りする。
③ブロッコリースプラウトは洗ってよく水気を切っておく。
④オイル、酢、マスタードを混ぜ合わせて、人参と林檎を絡めまぜる。
⑤ブロッコリースプラウトを加えさっと混ぜ、塩を加えて味をととのえる。

*林檎の酸味や甘さにより、調味料を調整してください。
2016.09.26 06:25 | 固定リンク | 料理レシピ
女性の元気を応援! 乾物の即席お味噌汁
2016.09.20
こんにちは!乾物アドバイザーの海野綾子です。

朝晩はだいぶ過ごしやすくなりましたが、
日中の蒸し暑さに夏の疲れが出ていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

暑いとついつい冷たいものばかり飲んだり食べたりしがちですすが、
内側から冷やし過ぎると、消化器官機能が低下して、かえって夏バテを起こすこともあるようです。
冷たいものを摂ったら温かいものを摂るということを心がけるとよいと思います。
身体を温めることで免疫力もアップ!
疲れにくい身体で季節の変わり目を乗り切りましょう!


とはいえ、
疲れ切った身体で調理するのも気が進まない…

そんな時にこそ大活躍してくれるのが乾物です!

今回は、不足しがちな緑黄色野菜(ほうれん草)やビタミンD、鉄分、
カルシウムなどが一度に摂れる「乾物の即席お味噌汁」をご紹介します。



[乾物の即席お味噌汁] 1人分

乾燥ほうれん草 大1~2(好みの量)
国産えのきだけ 大1~2(好みの量)
なめこだけ 大1~2(好みの量)
豆腐 角切り 大2~3(好みの量)
味噌 小1
国産旨味いわし粉 小1/2

熱湯 150~180CC


※一人分ですと、豆腐は小さいパックになっているタイプのものが便利です。

①お椀に全ての具材を入れ、お湯を注ぐ。
②味噌が溶けて味が均一になればできあがり。


お湯を注ぐだけ~というものですが、秋はキノコが美味しい季節ですので、
フレッシュなものを入れたい場合は鍋で加熱してからお召し上がりください。
2016.09.20 10:41 | 固定リンク | 料理レシピ
旨美いわし粉入り日本そばの焼きそば
2016.09.12
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
少し涼しくなりほっとしますね。
夏の疲れが出ている方もいらっしゃるのでは・・
今月は女性元気がテーマです☆

カルシウムやアミノ酸が豊富な
「国産 旨美(うまみ)いわし粉」に注目です。

お蕎麦を茹ですぎたときには、
ベーコンと一緒に炒めて「焼きそば」によくするのですが、
今回は、いわし粉で、旨みたっぷりに。

季節の変わり目、食べて元気を保ちましょう~


【旨美いわし粉入り日本そばの焼きそば】
〇材料 約2人前
茹でた蕎麦  250gほど
小葱     1/2わ
国産刻みしいたけ 10g
旨美いわし粉 小さじ2
卵      2個
塩      少々
醤油     大さじ2
油      大さじ2

〇作り方
①椎茸にひたひたのぬるま湯を加えて戻しておく。
②小葱は白い根元を小口切り、青い部分を3~4cm長さに切る。
③卵に塩を2つまみほど入れて溶き、油(分量外)をしいたフライパンに入れ、半熟状態に火を通して取り出しておく。
④フライパンに油をしき、葱の根元、椎茸を炒め、そばを入れて炒める。
⑤いわし粉、醤油、椎茸の戻し汁を加え炒めたら、卵を加えまぜ、小ねぎを加えまぜ、火を止める。
⑥お皿に盛り、お好みで七味や山椒などかけてどうぞ。

*乾燥椎茸は、えのきや、生シイタケでも
*前日のおそばを使う場合は、再度さっとゆでたほうがブツブツ切れにくい。
2016.09.12 15:12 | 固定リンク | 料理レシピ
残暑を元気に乗り切ろう!
2016.09.06
皆様こんにちは^^

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。

9月に入り、何となく秋の気配を感じられるようになりました。。

とは言っても残暑厳しい毎日が続きますね・・・




先日、ラジオのJ-WAVEにて、乾物ヨーグルトの美容効果や簡単レシピなどをご紹介させて頂きました。




番組の女性担当者が、乾物ヨーグルトにはまって、ぜひ紹介してほしいとのお話を頂いたのですが
実際試してみると、皆さん乾物に対する味方ががらりと変わったとおっしゃいます。


乾物は手間がかかるイメージや和食だけの物という固定観念が強いようですが、
実は本当に便利で、しかも様々な使い方、そして美容効果が期待できる、日本古来のスーパーフードなのです。


さて、、


今月は女性の元気を応援する美容乾物をご紹介します。


「乾燥ほうれん草」「乾燥にんじん」「旨味いわし粉」の3品です。


緑黄色野菜は意識して摂りたい野菜ですが、野菜の下処理が面倒だったり忙しい時は不足しがちですね。

乾物になる事で、切り物も下処理も洗いも不必要!!

使いたいだけ使える手軽さも重宝します。

しかも、乾物にした事で野菜の甘さが凝縮し、新しいおいしさもプラス!!!



そして、カルシウムやアミノ酸豊富ないわし粉は、万能だしとして、お料理の仕上げにかけるだけで
何でもおいしくしちゃうんです!


夏のダメージをケアする栄養満点な美容乾物で、元気に残暑を乗り切りましょう〜




この夏は、私も美容乾物と、そしてうなぎのお世話になりました!

ここぞーと言う時、やっぱり元気をもらえます。

あ、、

うなぎの主要栄養素はビタミンAですが、今月ご紹介する乾燥にんじん、乾燥ほうれん草もビタミンAの宝庫。

ビタミンAは美肌や目の疲れに効果的!!

パソコン仕事が多い方にもオススメです〜

2016.09.06 22:22 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -