切り干し大根ごはん
2016.11.30
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。

街はすっかりクリスマスムードですね!
気もちも、カラダも、胃も、忙しくなってくる時期、
外食も増える方も多いかと思いますが、
家の食事は気を遣っていきたいですね。

今月の美容乾物3品目は、
「宮崎県産有機栽培 切り干し大根」です。

ごはんに炊き込んで甘みを出して、
炊き上がってからさらに混ぜ込み、食感をいかします。
切り干し大根がたっぷり摂れるおなかスッキリごはん、
ぜひおためしください♪

【切り干し大根ごはん】
○材料 
切り干し大根 30g(10g炊き込み、20g炒め)
米      2合
酒      小さじ1
昆布     5㎝

豚ひき肉   100g
生姜(みじん)少々
酒      小さじ1
塩      小さじ1

小葱     適宜

○作り方  
①米を研いでザルにあげ20~30分おいて、普通に水加減する。
②切干大根10gをさっと洗って1~2㎝ほどにカットし、昆布と①に加え炊く。
③切り干し大根20gをさっと洗って、20~30分ほど水に浸し戻ったら軽く水気を切り、1㎝ほどにカットする。
④油を少し敷いたフライパンで豚肉を炒め、酒、生姜を加え混ぜる。
⑤豚がバチバチとして少し焦げ目がつくまで炒めたら切り干し大根を加え、塩で調味する。
⑥炊き上がったごはんに、⑤を加え混ぜ、小ねぎをかけていただく。 

*豚ひき肉は、豚ばら肉を包丁で細かくカットするとより旨みと食感がよくおすすめです。
2016.11.30 22:23 | 固定リンク | 料理レシピ
お腹スッキリ! きくらげと青梗菜の中華炒め
2016.11.21
こんにちは!乾物アドバイザーの海野綾子です。

今季は早くもインフルエンザが流行り始めている聞きました。
秋は気温差も大きいですから、風邪には十分気をつけたいですね。


今月は「お腹スッキリ!!」というテーマのもとに乾物レシピを紹介したいと思います。

腸を綺麗にして免疫力アップにつなげましょう!!




○きくらげと青梗菜の中華炒め(4人分)

*肉厚きくらげ 1袋(10g)
青梗菜 2束
胡麻油 大1
にんにくすりおろし 小1
鶏ガラスープの素 小1
紹興酒または料理酒 大2
醤油 小2

*印は美容乾物です。

①肉厚きくらげは熱湯に暫くつけておき、柔らかくなったら石づきの固い部分を取り除き、1㎝幅の帯状に切る。
②青梗菜は葉と茎に分け、茎の部分は縦に6等分に切る。
③フライパンにごま油を広げ、にんにくすりおろしを弱火で軽く炒めたら、①と青梗菜の茎の部分を入れ、中火で炒める。
④鶏ガラスープの素をふりかけ、酒を半分投入し、ざっと混ぜたらフタをして、暫く蒸し煮にする。
⑤茎が柔らかくなったら、葉の部分も投入し、残りの酒を加え、ざっと炒める。
⑥最後に醤油をまわしかける。



③の段階でネギや生姜などの香味野菜を加えても。
生姜やにんにくは、風邪予防に効果的ですよ♪
2016.11.21 01:42 | 固定リンク | 料理レシピ
揚げ干しごぼうのさくさく甘辛
2016.11.15
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
気温が低い日が多くなり、
銀杏並木もきれいに色づいてきましたね!

今月は、お腹スッキリ!の乾物をご紹介します☆
まずは「国産 干しごぼう」をたっぷり使った一品を。
さくさくで、甘辛あじがやめられないおいしさです。
干しごぼうを使うとお手軽、簡単なのでぜひお試しを~♪

○材料
国産干しごぼう 20g(1袋)
酒    大さじ1
醤油   大さじ1
砂糖   大さじ1
黒酢   小さじ1
片栗粉  適宜
油    適宜

○作り方
①干しごぼうはぬるま湯で戻し、水気をしっかり切り、片栗粉をまぶす。
②鍋に、酒、醤油、砂糖、黒酢を入れ、ひと煮立ちさせておく。
③フライパンに1㎝ほどうすく油をしき片栗粉をつけたごぼうを揚げ焼きにする。
 ぱらぱらしているのですが、4~5㎝ほどの円にまとめるようにおとし、まとまって片面に焼き色がついたら裏返し両面カリッと火を通していく。
④揚がったら②のタレにつけていく。

*今回は黒酢ですが、普通のお酢でも。
*お好みで、仕上げに七味や山椒を。
2016.11.15 10:53 | 固定リンク | 料理レシピ
免疫力を高めて風邪予防〜
2016.11.10
皆さんこんにちは☆

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。


今月初め、食の展示会に出展のためシンガポールを訪れていました。



フライトは効率よく深夜便を使い、寝ている時間帯に移動。早朝着で長い一日がスタート!
(裏を返せば、殆ど寝られず疲れるパターン!)

そしてあちらは日本の夏と同じで暑いのですが、一歩屋内に入ると冷房がんがん。
こちらの今の季節くらいの冷え方です><;
この温度差が自律神経のバランスをおかしくさせるのでしょうか。体にじわじわと来るのです。

さらに、、


仕事で来るという事は、気が張りつめっぱなし!
唯一リラックスしてたのは、街角のマッサージ店でうたた寝してる時くらいです^^;

ま〜、そんな1週間を終えて帰国したら、さすがにダメージが。。。
帰国した日も早朝着で、効率よく1日が始まるはずだったのに、結局何もできずひたすら寝てました...

同行した相方は、たちの悪い風邪で1週間以上も外出できなかったようです。。。


この時思ったのですが、私は完全ダウンするような事って、もう何年もないな〜と。。。

野性的な生命力というのでしょうか。。。




皆さんの周りでも、風邪を引きやすい人っていませんか?


この差は免疫力なのです。


誰でも免疫力は高まったり弱まったりし、疲れが溜まると免疫力も低下して来ます。

日頃から小さな変化にも目を向けて、体のケアはマメにしておくとこが大切です。




大分前置きが長くなりましたが、今月は免疫力を高める美容乾物を使ったお料理を紹介して参ります。


免疫力は腸から始まる!!!


これは過言ではありません。


腸は体内にありながらも、外界からの病原体の侵入をくい止める最大の免疫器官なのです。

そこで活躍するのが免疫細胞。

免疫細胞全体のなんと約6割が腸内に待機し、侵入してくる敵と戦っています。
だからこそ、腸の免疫細胞を活性化することが、免疫力を高めるポイントとなるのです。


腸内細菌の善玉菌の働きを活発にさせ、便秘による腸内毒素の発生を防ぐ為には食物繊維が大切!!

1日20グラムと言われていますが、不足しがちです。


今月の美容乾物は、お腹スッキリの切り干し大根、キクラゲ、干しごぼうです。
手軽でおいしいレシピをお伝えして参ります!!


お腹の健康を意識すると、風邪や病気の予防に繋がりますよ〜


どうぞお楽しみに〜☆









2016.11.10 10:14 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -