大根菜と切干大根のチヂミ風
2016.12.28
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
いよいよ今年ものこりわずかですね。

空気がきりりと冷たくなり
外も、建物の中も乾燥した環境が多くなってきました。
潤い美肌を保つための今月の美容乾物3品目は、
「熊本県産大根菜」です。

ちょうど大根の季節、生をたっぷりいただくのもいいですが、
乾燥させて味のぎゅっと濃くなった乾物で、
大根の季節を味わってみるのも☆

「栄養の吸収や相乗効果として、
油やたんぱく質と食べ合わせると美肌効果もアップ」とのことで、
今回は、卵をいれた生地を油と合わせてチヂミ風にしました。
お手軽に大根の葉と根がいただけます!
ぜひおためしください♪

【大根葉と切干大根のチヂミ風】
○材料(1~2枚分)
大根菜  10g 
切干大根  5g
◇卵    1個
◇薄力粉 大さじ5
◇片栗粉 大さじ2
◇水   100g
◇塩   小さじ1/4ほど
ごま油   適宜

醤油   大さじ2
酢    大さじ1
お好みで コチュジャン、七味など

○作り方
①大根菜、切干大根は、さっと洗って水かぬるま湯で戻したら水気を切る
②ボールに◇の材料を混ぜ合わせ、大根菜と切干大根(長い場合は切っておく)を混ぜ合せる
③フライパンにごま油をしき、生地を流し、薄くのばす
④焼き色がついたら裏返し、両面を焼き色がつくまで焼く
⑤もういちど、裏返して表面を焼き、取り出す。
⑥適当な大きさに切り、酢醤油のタレでいただく。
2016.12.28 00:36 | 固定リンク | 料理レシピ
白きくらげのホット柚子生姜
2016.12.21
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
潤い美肌がテーマの今月の2品目の美容乾物は、
「白きくらげ」です。

こりこりした食感の白きくらげをじっくり煮ると
とろりんとしてくるのですが、
そのとろりんとした成分が
お肌の保湿を高めるということでこの季節にぴったり♪

ちょうど今日は冬至なので、
柚子香るホットドリンクと合わせて
ほっと温まりながらぷるぷるお肌を目指しましょう。


【白きくらげのホット柚子生姜】
○材料(2~3人分)
白きくらげ 8g
はちみつ  大さじ3~5
柚子汁   1~2個分
柚子皮   少々
生姜薄切り 5~6枚

○作り方
①白きくらげはさっと洗い、水かぬるま湯で戻す。
②白きくらげに、かぶるくらいの水を加えて、とろりと柔らかくなるまで20分ほど煮る。
③生姜とはちみつを加え、5分ほど煮たら、柚子果汁を加えて火を止める。
④うつわに盛り、柚子皮の千切りをあしらう。

*柚子果汁の量は、柚子の種類や季節によっても変わるのでお好みで加減してください。
*甘さもお好みで調整してください。
*そのまま冷やしてもおいしいです。
潤いチャージ! 高野豆腐粉のシリアルバー
2016.12.20
こんにちは!乾物アドバイザーの海野綾子です。

街のイルミネーションが美しい季節となりました。
冬の澄んだ空気は、いつもの夜景も、星の瞬きも、より綺麗に見えますよね♪

実はこれ、空気の乾燥がもたらすもの。
綺麗な景色に心は潤いますが、もしかしたらあなたのお肌は悲鳴を上げてるかも?!


というわけで、今月のテーマは「潤い美肌」

美容乾物を賢く摂って、身も心も潤いましょう♪

忙しいからといって抜きがちな朝ごはんにだって、潤いチャージ!!

今回は「高野豆腐粉」を使ったシリアルバーをご紹介します。





高野豆腐粉シリアルバー パウンド型1個分


バター 60g
蜂蜜 40g
薄力粉 40g
ベーキングパウダー 1g
*高野豆腐粉 40g
*ココナッツ 30g
ドライレーズン 30g


パウンド型またはオーブン可能なバッドなど 1個
オーブンペーパー

①薄力粉、高野豆腐粉、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく
②パウンド型にオーブンペーパーを型の大きさに合わせて切って入れる
③小鍋にバター、蜂蜜を入れ、弱火で溶かし混ぜる
④バターが溶けたら火を止め、①を加え混ぜ、ココナッツ、ドライレーズンを加え均一になるように合わせる。
⑤型の隅々まで④を敷き詰め、170℃オーブンで30分焼く
⑥型から取り出し、粗熱が取れたらバー状に包丁でカットする



ワックスペーパーやオーブンペーパーに包んで、持ち歩くもよし。
山歩きの携行食としても使えます。

お友達にプレゼントしても喜ばれますよ!
2016.12.20 22:54 | 固定リンク | 料理レシピ
うるおいチャージにオススメ
2016.12.06


皆さんこんにちは☆
美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。

12月に入り、いよいよ今年も終わりに近づいて参りました。。。

これから年末年始にかけて、色々イベントや人と会う機会が増える時期ですね!

暴飲暴食で後悔するのか、または食べ物を賢くチョイスしてキレイに磨きをかけるのか・・・
これからが分かれ道です!!笑



そしてこの季節、乾燥しがちでお肌も潤いが失われやすくなります。

栄養も睡眠も、しっかりとりたいですね。



さて今月は、潤い美肌をテーマにレシピをお届けします。

オススメの美容乾物は「白キクラゲ」「高野豆腐粉」「大根菜」です。


白キクラゲは中国の楊貴妃が食べていたと言われる美容食材で、白キクラゲ多糖体というヌルヌル成分は
ヒアルロン酸の数十倍の保湿力があると言われるほど!

(このヌルヌル成分はじっくり加熱する事で溶け出します)

白キクラゲのジュレは正に食べる美容液なんです。
http://www.biyoukanbutsu.com/recipe/4903222981316.html#r002



高野豆腐粉は豆腐を乾燥させて粉にした物で、植物性たんぱく質を始め、女性のキレイをサポートするイソフラボン
が含まれます。

美肌はもちろん、風邪に負けない体作りにたんぱく質は重要な働きが!

パウダー状なので、お好み焼きのベースに使ったり、ハンバーグや餃子の種に混ぜたりと、幅広い使い道があるんです!



そして大根菜は名前の通り、大根の葉っぱです。

普段食べる事が少ない部分ですが、ビタミンC、βカロテンなどが豊富な栄養満点野菜です。
細胞の再生を助ける葉酸、骨を強くするビタミンKも豊富です。

栄養の吸収や相乗効果として、油やたんぱく質と食べ合わせると美肌効果もアップです。



美肌作りには良質なたんぱく質、たんぱく質の分解や合成、皮膚の健康維持に必要なビタミンB6、美白やコラーゲン合成に関与するビタミンC、女性のビタミンと言われるビタミンE、オメガ3たっぷりなエゴマ油などを意識しながら、オススメの美容乾物を取り入れてみて下さいね!!


上記の栄養素を含む食材:大豆(大豆製品)、肉、魚、卵など、野菜や柑橘類・イチゴ、キウイなど、えごま油、くるみなど



おいしく賢く、そしてキレイに☆!!
素敵なクリスマス&年末年始をお過ごし下さい〜
















2016.12.06 14:34 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -