乾燥ほうれん草とあさりのリゾット
2017.03.31
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
もう3月も終わりというのに寒さが戻り、
満開の桜を眺められるのはもう少し先になりそうですね。
今年は長く楽しめますように・・

さて、今月の美容乾物3品目は、
「国産 乾燥ほうれん草」です。
鉄分やβカロテンが豊富な野菜は、
女性の元気のためにはぜひ摂りたい食材です☆

今が旬のあさりと合わせてリゾットにしました。
リゾットは生の米から20分ほどでできるので意外と簡単♪
乾燥ほうれん草は最後にそのまま加えるのでお手軽で色もきれいです。
すこしのほろ苦さがいい味を出しますよ。
ぜひおためしください。

【乾燥ほうれん草とあさりのリゾット】
○材料(二人分)
国産乾燥ほうれん草 10g
米         1合
あさり       300g
白ワイン      1/4カップ
水         500ml
ブイヨン      1個
玉ねぎ(みじん切り)1/4
にんにく(みじん切り)1片
オリーブオイル   大さじ2
塩、胡椒      適宜
粉チーズ      適宜

○作り方
①あさりは殻と殻をこすり洗う
②鍋にあさりと白ワインを入れて蓋をして貝が開くまで蒸す
③あさりと汁を分け、汁に水500mlとブイヨンを入れ沸かしておく
④あさりは、飾り用のほかの身は、貝から外しておく
⑤厚手の鍋かフライパンにオリーブオイルをしき、にんにくを入れ香りを出したら玉ねぎを炒める。
⑥米を加え、透き通るまで炒めたら③のスープを1/4量くらい加え弱火~中火で煮る
⑦水分がなくなったらまたスープを加え、を繰り返し、最後のスープを加えるときに、乾燥ほうれん草、あさりの身も加え混ぜる
⑧水分がなくなり、米が柔らかくなっていたら味をみて、塩胡椒であじをととのえる
⑨お皿に盛り、オリーブオイル(分量外)、粉チーズをふりいただく
2017.03.31 10:24 | 固定リンク | 料理レシピ
女性の元気! 旨味たっぷり豆腐鍋 スンドゥブ・チゲでパワーアップ!
2017.03.27
こんにちは。乾物アドバイザーの海野綾子です。
寒の戻り。春は気温も天気も移ろいやすく、そのため体調も崩しがち。
そんな時には身体を温め、しっかりと栄養を摂りましょう。

今回使う乾物は「国産旨美いわし粉」
いわしを丸ごと粉にしたもので女性に嬉しいカルシウムも豊富です。
商品名に「旨」とつくほど、旨味たっぷりでお味噌汁や炒め物にいろいろ使えて大変優秀なのです!
是非お試しください♪





旨味たっぷり豆腐鍋 スンドゥブ・チゲ風

[材料:4人分]

絹豆腐 2丁
人参 1本
えのきだけ 1束
シイタケ 2~3個
茹で筍  1パック
あさり 1パック
にら 1束


(スープ)
水 2カップ
ごま油  大1
にんにく(すりおろし) 小1
顆粒鶏ガラスープ 大1
コチュジャン 大2
酒 大1
みりん 大1
醤油 大1/2
国産旨美いわし粉* 大1

*印は美容乾物です。


[作り方]

①絹豆腐を軽く水で洗い、鍋に入れ、スープの材料全てを入れる。
②薄切りにした人参、石付を取り除いてほぐしたエリンギ、スライスしたシイタケ、筍を加え、火にかける。
③全体がしんなりしてきたら、あさりを加え、貝が開いたら、1㎝くらいの長さに切りそろえたニラを加え、一煮させる。



※その他の美容乾物、「国産えのきたけ」「肉厚きくらげ」「国産まいたけ」「国産刻みしいたけ」「国産乾燥にんじん」などを適宜加えてみても良いですね♪
2017.03.27 02:30 | 固定リンク | 料理レシピ
乾燥にんじんと卵のカレー炒め
2017.03.18
こんにちは、乾物アドバイザーの西川千栄です。
暖かくて春なんだなあと思っていたらまた冬のような寒さが戻ったり、
この時期、体調を崩しがちな方も多いのではないでしょうか。

今月は、女性元気がテーマの美容乾物のご紹介です。
まずは「国産乾燥にんじん」です。

カロテンが語源となってキャロットと名前がついたとされる
βカロテンが豊富な人参
それを乾燥させて、味わいもぎゅっと濃くなっています☆

今回は、人参と相性がいい油と合わせて、
今が出盛りのブロッコリーと卵でカレー味にしました。
お弁当にもどうぞ♪

【乾燥人参と卵のカレー炒め】
○材料
国産乾燥にんじん 35g(1袋)
茹で卵     3個
ブロッコリー  1/3~1/2株
にんにくみじん 1かけ
カレー粉    小さじ1
粒マスタード  小さじ1
米油      適宜
塩、胡椒    適宜

○作り方
①乾燥人参は水で10分ほど戻し、水気を切る
②茹で卵は6~8等分に切り、ブロッコリーはさっと茹でて食べやすい大きさに切っておく
③フライパンに油をしき、にんにくを弱火で炒め、香りが出たら人参を加え炒め、
粒マスタードとカレー粉を加え混ぜる
④茹で卵、ブロッコリーを加え、全体を混ぜ合わせて、塩、胡椒で味をととのえる
2017.03.18 23:32 | 固定リンク | 料理レシピ
揺らぎ肌を食でサポート
2017.03.10
皆さんこんにちは

美容乾物ナビゲーターの関口絢子です。


3月は出会いと別れの季節ですね!!

何となく落ち着かない気分になりがちな時期でもあります。




この季節のお肌の状態はとてもセンシティブで、色々なお悩みも多くなるようです。
そんなお肌の事を、「揺らぎ肌」と表現しているのを見つけ、今回使わせて頂きました!!



環境の変化によるストレス、三寒四温と気温の変化、そして花粉など・・・


普段は特に問題ない方も、コンディションが崩れやすいこの時期に
積極的に摂りたい栄養のお話をさせて頂こうと思います。



まず、どうしてお肌が揺らぎやすいのか・・・


◯季節の変わり目で花粉などの外部刺激が多くなる
◯環境が変わりストレスが多くなる
◯紫外線が強くなって来る


これらの要因に対し、どんな栄養素が有効かをお伝えします!




まずは粘膜を強化したりお肌の再生を助けるビタミンA、

皮脂や肌の代謝(たんぱく質の代謝)を促すビタミンB2、B6、

かゆみや肌荒れなどの原因となる炎症を抑えるオメガ3脂肪酸、

抗酸化作用の高いビタミンやフィトケミカル

そして、細胞の材料となる良質なたんぱく質をしっかり取り入れる事を心がけましょう。



食べ物で考えると、緑黄色野菜、良質なオイル(エゴマ油、アマニ油、米油、オリーブ油などはお勧めです)、

大豆製品はじめ肉や魚介などたんぱく質、ナッツ類を毎日摂るようにしましょう。



ちなみに、私は毎朝トマトジュースにエゴマ油を入れて飲む事を習慣にしています。

リコピンとオメガ3脂肪酸は美肌に役立つ組み合わせですよ〜











今月の美容乾物は、「女性の元気」がテーマの乾燥にんじん、乾燥ほうれん草、旨味いわし粉です。

緑黄色野菜代表のにんじんやほうれん草も、乾燥すると手軽に使いたいだけ取り出せてとても便利!!




そして味わいも滋味深く〜〜、お料理に使うと甘さが際立っておいしいですよ。



旨味いわし粉は丸ごと骨まで粉にしているので、栄養満点&ヘルシー。



どちらもこの季節にお勧めの栄養素がたっぷり含まれます。


ぜひインナービューティにお役立て下さいね!!







2017.03.10 14:40 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -